フィンジア育毛剤を使えばagaを克服することが出来るのか?

正直わかりません。

フィンジアを使っただけでagaが克服されれば育毛クリニックとかほかの育毛剤って世の中から消えていると思うんですよ。

それこそフィンジアが育毛の市場を独占します。

なのでフィンジアを使ったからと言って確実にagaが改善されるわけではないのです。

では、なぜ私はフィンジアを使っているのか?

それは私の育毛方法とフィンジアがマッチしていたというだけのことです。

例えば体を鍛えたいと思うじゃないですか。

そこで思いつくのは筋トレですよね?

でも、なんの知識もない状態でやみくもに筋トレをしても筋肉ってなかなかつかないんですよね。

そこで筋トレについて知識を深めるとします。

最初にどんな体つきになりたいのか?

筋肉の太いマッチョ、体はシャープだけど脱ぐとすごい細マッチョ、何か競技やスポーツをしていればその競技のための筋力

などなど、最終的につくりたい体(目標)を先にたてます。

それから筋トレを始めていきます。

筋トレもマッチョならダンベルで最高の重さから70%前後の重量を選び7回程度繰り返す筋トレをする。

細マッチョなら50%程度、瞬発力を鍛えるなら90%と筋肉をつけるにしても細かい筋トレの知識が必要で、そこへプロテインを補給することで筋肉の成長を促進します。

話を戻して、、

育毛も要は筋トレと同じなんですよね。

筋肉をつけたいがプロテインだけ飲んでいても筋肉は成長しませんよね。むしろ太るばかりです。

フィンジアもプロテインと同じでフィンジアだけつけても大して育毛されません。

なので自分流の育毛を行いながらプロテイン同様育毛を促進する意味でフィンジアを使うようにしていきます。

それが私の場合フィンジアだったってだけのことです。

フィンジアは私の育毛を促進してくれるアイテムです。

あなたの育毛にフィンジアが効果的なのかどうかははっきり言って使ってみないと何とも言えないということです。

フィンジアで育毛を成功させるためのaga基礎知識

ここでagaの基礎知識だけそっと教えますと、aga男性型脱毛症は男性ホルモンであるテストステロンが血液で毛乳頭に運ばれます。そこで5αリダクターゼと酵素結合しジヒドロテストステロンになります。

さらにジヒドロテストステロンが男性ホルモン受容体と結合しTGFβ-1という非成長因子を発生させヘアサイクルを乱し、agaを発症するようになります。

つまり、男性ホルモンの分泌量が多い人ほど、また遺伝的な要素を持っている人ほどagaに発症しやすいということが言えます。

これを日頃の生活習慣の中から改善しながらフィンジアを使うと効果的な育毛ができるようになります。

ちなみに私の育毛方法はこちらのページで紹介しているので是非参考にしてみてください。

フィンジアを使った私の育毛方法