私、かなりの格闘好き。

私自身も格闘技をしており、フィンジア育毛剤と魔裟斗がコラボしていることに驚きました。

そして私は美容師でもあります。

美容師なのにハゲて来ました。

辛いです。

何がつらいかって?

美容師なのにハゲってヤバくないですか?

死活問題ですよ。

まあ、

でも30代も後半になるとしょうがないっちゃそれまでですが…。

美容師のハゲって意外と多いんですよね。

でも、その仲間入りにはなりたくない。

というわけで1年くらい前から育毛を始めているのですが、それまでの育毛剤はあまり効果を実感したことが無いですね。

ちなみに私のハゲ具合のスペックは生え際の後退、それから数カ月後つむじ付近も薄くなっていることに気づきます。

まだ生え際の後退、いわゆるM字ハゲだけならまだマシです。

でも、つむじハゲは絶対カッコ悪いです。

なので、とにかくつむじの薄毛からどうにかしたいと焦ってましたね。

私が最初に使った育毛剤は美容室専売の育毛剤です。

でも美容室で専売している育毛剤ってほとんど女性用が多いんです。

私は男性なのでその育毛剤では思ったほど効果を感じませんでした。

次にリアップ

ミノキシジルを使った育毛剤ですが、リアップってベタベタして薄毛が余計ひどく見えちゃうんですよね。

それにニオイがどうもおっさん臭い。

なので1本使い切る前にやめました。

その次は通販の育毛剤で天然成分がたくさん入っているネットでも有名な育毛剤ですが、これはまだ効果がありました。

ここではその育毛剤の名は明かしませんが、「チャ」が名前の最初につくやつです。

この育毛剤を使っていくと産毛だったところが確かに太くなっている感じがしました。

毎日お店で鏡を見るのでその効果は確かです。

でも、数か月するとこの成長が遅いと感じるようになってきました。

もっと、こうドサッと改善しないものかな~なんて思っていた時、キャピキシルという育毛成分の存在を知ることになります。

キャピキシルはミノキシジルの3倍の発毛効果があってさらにagaの男性ホルモン抑制作用があります。

しかも、今話題の再生医療分野でも使われている成長因子が含まれます。

これ使ってみたいと思い、キャピキシルを使った育毛剤で調べたところ、5種類くらいの育毛剤がヒットします。

その中でも私が目を引いたのが魔裟斗とコラボしているフィンジアでした。

で、

今フィンジアを使っているわけですが、魔裟斗が使っているだけでフィンジアを使っているわけではないですよ。

そこは美容師なのでしっかり美容師目線でフィンジア育毛剤を選びました。

その美容師目線でフィンジアを選んだ理由を今回まとめてみました。

その前に、

キャピキシルという成分がフィンジアの主力成分になるので、キャピキシルのことから話させていただきますね。

キャピキシルとは?

キャピキシルとはカナダの化粧品会社ルーカスマイヤー社が開発した男性ホルモン抑制&成長因子を含む育毛成分のことを言います。

この成分は天然成分からできているので医薬品ではなく化粧品分類されており、今まで有効だった育毛成分よりも安全で高い育毛作用を持ちます。

キャピキシルは主に次の2つから成り立っております。

1 アカツメクサ花エキス

アカツメクサ花にはビオカニンAというイソフラボンが含まれています。

イソフラボンは女性ホルモンであるエストロゲンと似た作用を持ち、植物性エストロゲンとも言います。

それがagaの原因である男性ホルモンと5アルファリダクターゼとの酵素結合を阻止します。

そうすることでagaの原因となる脱毛ホルモン、ジヒドロテストステロンへの変換を抑制し抜け毛を防ぎます。

2 アセチルテトラペプチド-3

アセチルテトラペプチドは成長因子の一つで細胞の修復作用に優れている成分です。

agaを発症した毛母細胞は非成長因子の影響でどんどん退化していきますが、アセチルテトラペプチドによって毛母細胞の退化を防ぎ、再生し髪の発毛や成長を促します。

この作用はミノキシジルの3倍の作用があるとされています。

いま日本で発毛、育毛効果が認められているのは医薬品であるミノキシジルを使ったリアップになりますが、そのミノキシジルの3倍の効果がキャピキシルにはあるのです。

と、簡単に説明するとキャピキシルはこんな感じです。

フィンジアのスペック

キャピキシル5%

キャピキシル5%というのはかなり高濃度で含まれている育毛剤です。

キャピキシルの開発社ルーカスマイヤー社は推奨濃度3%以上が育毛作用があるということを提言しています。

フィンジアはこの3%を超える5%のキャピキシルが含まれているので、育毛効果はかなり期待できます。

ピディオキシジル2%

ピディオキシジルとは女性のまつげの育毛で話題になった成分です。まつげが生えるなら髪も生えるという原理で育毛分野に使われるようになりました。

ちょっとミノキシジルと似た名前のピディオキシジルですが、実はミノキシジルと似た構造(ミノキシジル誘導体と言います。)をしており、天然成分からできているので副作用の心配もありません。

こちらも育毛作用に非常に期待できる新しい成分の一つなんです。

カプサイシン

カプサイシンはトウガラシから抽出される辛み成分のことを言います。このカプサイシンの役割は血行を良くし毛穴を開く作用があります。

なぜ血行と毛穴が関係するのかというと、キャピキシルやピディオキシジルがしっかり毛根まで届くように、さらに血液に乗って頭部全体の発毛、育毛を促すようにカプサイシンが使われているのです。

フィンジアの成分

フィンジアには上記にある主成分以外にも10種類の天然成分が含まれています。

センブリエキス、パンテノール、ビワ葉エキス、ボタンエキス、フユボダイジュ花エキス、褐藻、グリチルリチン酸2K、ヒオウギエキス、キハダ樹皮、ヒキオコシエキス



この中でもオススメ成分が

センブリエキス

血行促進作用、毛母細胞活性作用があり育毛剤には必要不可欠な成分です。

グリチルリチン酸2K

頭皮の炎症を抑え頭皮環境を健全にします。

ヒオウギエキス

イソフラボンを含むため男性ホルモンの抑制作用があります。

フィンジアのメリットデメリット

フィンジアを使うにあたってメリットとデメリットを私の独断と偏見で考えてみました。

ただ、あなたはまだフィンジアを使ったことがないので私がフィンジアを購入するにあたって検討していた部分を紹介しておきますね。

メリット

1 配合成分が高濃度

キャピキシル5%、ピディオキシル2%、カプサイシン

2 育毛剤の作り方が魅力的

カプサイシンで毛穴を広げ、そこへキャピキシルなど有効成分が入り込んでいくというのはかなり納得のいく商品設計だと思いました。

この理論が私は気に入ってます。

3 他のキャピキシル育毛剤よりもお得

定期購入で価格が9980円なのでほかのキャピキシル配合の育毛剤よりもお得なんですよね。

フィンジア1本で約1ヶ月と考えるとコスパ的には良い方だと思います。

価格が高いと続けられなくなっちゃいますからね。

私は自分の小遣いから育毛剤のお金を捻出しないといけないのでコスパは大事です。

デメリット

1 とりあえず使ってみないと何とも言えない

とりあえず育毛剤は使い続けてみないと何とも言えないところはもどかしいですよね。

例えば毛髪医療でハーグ療法など100万円単位でお金を払って治療するならその金額に見合う効果を治療した病院へ望むことができます。

価格の分期待値も高いですから治療した病院はそれにこたえる義務があると思います。

ただ、育毛剤に関してはお薬やサプリメント系と似ているので確実な効果を実感できるまでにはフィンジアとプラスアルファで生活の改善が必要になります。

その辺がデメリットだと思ってますが、そうはいってもこれで毛が生えてきた人がいるのも事実ですし、あとは自分次第なところがありますよね。

一つ言えるのはあくまでフィンジアは育毛の成功への期待値を高めてくれるアイテムだと思ったほうが良いでしょう。

ちなみに私も自己流の育毛方法があります。それは下の方で紹介しているので暇があれば参考にしてみてください。

2 通常の育毛剤よりも高い

キャピキシル成分が含まれている育毛剤は通常の育毛剤よりも数千円高いです。そして容量も少ない。

でも、それだけ期待できるとポジティブに考えています。

また容量の問題ですが、キャピキシルはピンポイントで使うことをオススメします。

例えば私のようにつむじと生え際の薄毛が気になるようだったらそこへピンポイントで育毛剤を塗布し頭皮マッサージをします。

それでほぼほぼOKです。

私の場合はこれで効果を実感してます。

3 たまに在庫切れがある

公式ページを見てみるとたまに在庫切れがあるんですよね。

定期購入しているとドキドキするので在庫切れの告知はやめてほしいです。

本当かどうかはさておき、魔裟斗とコラボするようになってからはかなり人気があるようです。

フィンジアの口コミと体験談

ここからは実際にフィンジアを使ってみたという人の口コミ体験談です。

私も購入前は口コミや体験談はしっかりチェックする方なのでこれからフィンジアの購入を考えているならしっかりチェックしたほうが良いですよ。

ちなみに※印は私のコメントです。

26歳男性

10代のころから薄毛が気になっており母親にも心配されていて育毛剤もその時から使っていました。

でも、効果は実感することができずにいました。

フィンジアを知ったのが20歳を超えてからなのでその時フィンジアを購入しました。

今までと違う使用感で頭皮に浸透していく感じがします。初めて期待できる育毛剤に出会ったような感じがします。

※10代から薄毛に悩んでいたって同情しますね。良かった~私は30代からでしかも結婚ができましたから。

33歳

30代になってから薄毛が進行してしまい自信を無くしてしまいました。

※私と同じですね。なんで30代で薄毛って進行するんですかね?謎です。

フィンジアを使い始めてからちょっと未来に自信が持てるようになってきました。

※どのように自信が持てたのか?気になりますがプラシーボ効果も相乗効果で期待できますね。

42歳

お風呂上りに使いやすいです。スプレータイプで勢いもあるので気になっている薄毛の箇所にピンポイントで使えます。

スプレーしたあとスーッという感覚がとても気持ちよく自宅でヘッドスパを体感している感じがします。

※ヘッドスパにつかうトリートメントは正直スーッとした感じはないと思いますが、確かにこの清涼感はいい感じです。

私も実はスプレータイプは気に入っているのですが、生え際に使うときは液ダレがあるので気をつけなければいけないです。目に入るとかなり痛いです。

38歳

フィンジアに帰ってきました。

前にフィンジアを使っていたのですが、ただその当時はいろいろな育毛剤が試してみたくて、そして手っ取り早く育毛効果を実感したくてそれでフィンジアから離れてしまいました。

でも、いろいろ育毛剤を試してみたのですが、やっぱりフィンジアが良かったのでまた戻ってきました。

※私も今までいろんな育毛剤を使ってみたのですが、フィンジアを初めて使ってからかなりいい感じです。

今までの育毛剤は臭いやベタつきがかなり気になる割に効果が得られなかったのですが、フィンジアは使用感もいい感じで効果も私の場合はありました。

フィンジアの効果

フィンジアに育毛効果は本当にあるのか?

これって絶対皆さんが気になるところですよね?

私も最初購入するときはいろいろ気になりましたよ。

でもそれって使う人の食生活や生活習慣、頭皮の状態で効果は変わってくるのは当然だと思うんですよ。

例えば、薄毛改善のために食事に気を付けて、睡眠をしっかりとって、運動もして、さらにagaの進行状態がまだ初期の段階の人と、食生活が乱れていて運動もしない、おまけにお酒やたばこなどもたしなんでという人と比べるとどちらが効果があるのかというと、やっぱり前者の方だと思うんですよ。

病院で処方されるお薬も絶対ではないように、育毛剤にも絶対はない。

でも、これまで使ってきた育毛剤よりも育毛作用に期待ができるという期待値の問題だと思います。

なので期待値でいえばフィンジアは育毛作用が高いといっても良いのではないでしょうか。

私はそういう風に考えてフィンジアを選びました。あとはあなた次第です。

返金保証について

フィンジアは30日の返金保証が付いてます。でもフィンジアを使っても30日以内に毛が生えてくるなどの効果を実感することはほとんど皆無だと思っています。

ただ利用者の中には髪にハリコシが戻ったとか、抜け毛が減ったなど育毛の初期の段階の効果は実感している人も多いようです。

ちなみに私は30日ではうんともすんとも言いませんでしたけど。

それでも使い続けることで、育毛効果は実感することができました。

というわけで30日の返金保証はフィンジアを使ってみて肌に合わなかったり、思っていた商品とは違ったといった場合に返金保証を使うのが正しい使い方なのかな~と思います。

例えばフィンジアにはカプサイシンが使われており、カプサイシンは多少の刺激があります。

肌が敏感な人だと少し頭皮にヒリヒリ感がある場合があるのでこういったときに使うのが正しいというわけです。

ただ、返金保証を使うのはチョットめんどくさい手続きがありますのでしっかり公式サイトを確認しましょう。

フィンジア使い方

公式サイトにも使い方は掲載されていますが、私なりのフィンジアの使い方をご紹介しておきますね。

公式サイトの使い方はこちら

私のフィンジアの使い方

1 夜お風呂後に使う

夜お風呂にはいった後フィンジアを使います。

お風呂後は頭皮が温められており毛穴が開き血行も良くなっています。

何よりも頭皮が清潔になっているのでフィンジアの育毛成分が浸透しやすいです。

朝風呂は入りません。

なぜならその日の頭皮汚れはその日のうちに綺麗にしておかないと枕や布団に汚れはもちろん雑菌が移ってしまい薄毛を進行させてしまう恐れがあるからです。

なのでその日の汚れはその日の寝る前までに清潔にしてしまいます。

翌朝お風呂にはいるという人は気を付けたほうが良いかもしれませんね。

2 頭皮マッサージ

お風呂から出たらとりあえずタオルでしっかり頭を拭きます。

その後すぐにフィンジアを付けてしまいます。ドライヤーで完全に乾かした後だとフィンジアの成分が浸透しづらくなる恐れがあります。

これは美容師としての見解ですが、頭が濡れている状態は水で頭皮が膨潤している状態です。

つまり、毛穴が開いているのでこのタイミングでの塗布が効果的だと思います。

乾かした後だと水分が蒸発し毛穴が締まってしまう恐れがあります。そうすると浸透力が落ちてしまうと考えています。

3 翌朝頭をシャワーで濡らしその後フィンジア

次に翌朝起きてから頭を濡らします。これも上にあるように頭皮を膨潤させるという意味と、分泌した皮脂を多少とるという意味もあります。

皮脂って脂なのでフィンジアの育毛成分をはじいてしまう恐れがあります。

とはいってもシャンプーまでしてしまうと完全に皮脂を取り過ぎてしまい、頭皮環境に良くありません。

※朝シャンで皮脂を完全に取り除き出かけてしまうと紫外線や雑菌などの影響をダイレクトに受けてしまい、頭皮環境悪化の危険があります。

通常の頭皮環境なら良いのですが、薄毛を発症している状態だと要注意です。

4 運動後に使う

私の場合、運動をするのでその後使うようにしています。

運動後にシャワーで軽く頭皮を洗いタオルドライした後使います。

運動後は細胞が活性されており、血行も良く、毛穴も開いています。

こういう時こそ育毛剤の作用を最大限に引き出せるチャンスです。

以上が私のフィンジアの使い方なのですが、こちらも独断と偏見で行っているので参考程度に実践してみてください。

フィンジアの初期脱毛

育毛剤の使い始めに初期脱毛が起きることがあるのですが、これはフィンジアを使ってみないと何とも言えません。

初期脱毛って個人差があるので確実に無いとは言いきれないんですよね。

そもそも初期脱毛はヘアサイクルで休止期になって抜ける予定の毛が育毛剤によるヘアサイクルの改善の反動で一気に抜け落ちるものです。

なので初期脱毛をネガティブに考える必要はないんですよね。

ヘアサイクルが通常の活動を再開したことになるのでそれはむしろ良い方向に改善している兆しなのですから。

ただ、これには本当に個人差があるので初期脱毛の起きる人と起きない人がいると思ったほうが良いでしょう。

ちなみに私はフィンジアでは初期脱毛はなかったです。

フィンジアの副作用

フィンジアには重大な副作用はありません。これってキャピキシルを製造しているルーカスマイヤー社が断言しているので間違いないでしょう。

ただ、アレルギーに関しては別問題です。植物アレルギーなどがある場合は肌に合う合わないがあるかもしれません。

そのためにフィンジアでは30日間の返金保証があるのです。

また、副作用はプロペシアやミノキシジルといった第一種医薬品指定された医薬育毛剤にそのリスクがあります。

ちなみにフィンジアは化粧品登録商品なので重大な副作用の懸念がありません。

フィンジアを使ってみた!私の育毛方法(おまけ)

ここまで読んでくれた方にお礼の意味を込めて私の育毛方法をご紹介します。

私の育毛方法はズバリフィンジアと運動によるものです。とても単純です。

世の中には星の数ほどの育毛方法が存在しますが、私はこの方法が一番だと思っています。

運動と言っても行うのは筋トレです。

筋トレを行った当日は成長ホルモンの分泌量が通常の何万倍にもなります。

成長ホルモンには細胞分裂を促す作用があり、寝ているときの髪の成長は計り知れません。

そこへフィンジアを寝る前に投入することでフィンジア単体での育毛作用の数万倍の効果が望めます。

筋トレをすることで男性ホルモンが増え余計薄毛が進行するのでは?

という疑問がありますが、その男性ホルモンの分泌以上に成長ホルモンは分泌するので問題ありません。

それでも心配なら筋トレ後に豆乳を飲むと良いです。豆乳にはイソフラボンが含まれており男性ホルモンの抑制に役立ちます。

またソイプロテインと言って大豆たんぱく質からできているプロテインもあるので、それを飲んでも良いでしょう。

筋トレによる育毛の効果は実は世界でも実証済みで、アメリカにある大学のとある実験では60歳以上の老人に週3回筋トレを継続的に3か月行った結果50%の髪がよみがえり40%のシワが減ったという報告があります。

これは東京大学教授執筆した本に書かれていたので、信ぴょう性は高いです。

なのでこれを信じて私は筋トレとフィンジアで育毛をしています。

以上が私の育毛方法ですが、ほかにも食事制限や睡眠などいろんな生活習慣を改善しながらフィンジアを使っていくという方法もあります。

自分がこれはいいな!と納得できる方法で育毛はしたほうが継続できるので是非自己流の育毛方法を編み出してください。

シンプルですが以上が私の育毛方法になります。